カメレオンVファイブ

ある日のことです。タッくんは、おとなりのカズくんとカメレオンⅤファイブごっこをして、あそんでいました。

カメレオンⅤファイブというのは、テレビでやっている、赤、青、黄色、緑、桃色のコスチュームを着た五人の戦隊ヒーローのことです。

タッくんもカズくんも、カメレオンⅤファイブがだいすきで、二人ともカメレオン変身ベルトをもっていました。タッくんのは、ブルーレオン、カズくんのは、レッドレオンのベルトです。ベルトには、ほんものの無線機もついていて、近くなら、もうひとつの無線機をつかって話をすることもできます。

「よし、ブルーレオン。怪人をさがしにいこう!」と、カズくん。

「いそごう。怪人は公園にいるぞ!」タッくんも負けてはいません。

ところが、そのとき、タッくんの無線機がリンリンと音をたてました。

「ブルーレオン、すぐに家に帰ってきてください。怪人があらわれました」

これはたいへん!お母さんの声です。すぐにもどって怪人をやっつけなくては!同時に、カズくんの無線機にも、カズくんのお母さんかられんらくが入りました。

タッくんは、カズくんにさよならして、家の玄関をあけました。そのとたん、お母さんに「つかまえた!」とだきあげられました。なんと、怪人の正体はお母さんだったのです。

「わあっ、はなして!」

タッくんはもがきましたが、もう、どうにもなりません。きっと、お母さんは、なかなか家に帰ってこないタッくんをよぶために、怪人が出たと言ったのでしょう。カズくんのレッドレオンも、同じようにしてお母さんにつかまえられたにちがいありません。

つよいつよいカメレオンⅤファイブ。でも、そのカメレオンⅤファイブも、お母さん怪人にはかないません。