中山聖子先生のページ


中山聖子先生は、主婦業のかたわら執筆を始め、その後、数々の文学賞を受賞されてきた実力派の児童文学作家です。

現代の子どもたちを取り巻く複雑な状況を、現実感のある確かな筆致で描きながら、子どもから見た世界を見事に表現した作品を数多く発表されています。

また、多様な人生のありようを受け入れながら、それぞれの登場人物の未来に希望を見出していく手法は、人間への限りない愛情と理解に満ち、多くの読者をひきつけています。

これは、海外生活もされてきた先生の経験の豊富さと、二児の母という女性としての洞察力が作品に力をあたえているためと言ってもいいでしょう。

短期間のうちに次々と著書を残されていますが、間断なく傑作を生み出すその創作能力は、他の追随を許さないものがあります。


プロフィール

中山聖子

1967年生まれ。

2004年「夏への帰り道」で第13回小川未明文学賞。

2005年「心音」で第15回ゆきのまち幻想文学賞。

2007年「チョコミント」で第24回さきがけ文学賞。

2008年「コスモス」で第1回角川学芸児童文学賞。

日本児童文学者協会会員。

日本児童文芸家協会会員。

山口県在住。 


中山先生のツイッターは、こちらからご覧いただけます。


出版物