短編児童文学


中学二年生の桜木純は、運動神経だけが取りえの明るく活発な少女だ。

同じクラスの少年、足立翔とは家が近所の幼なじみだが、最近、翔は元気がない。

理由は、入院している母親の病気だった。

ある日、ふとしたきっかけから、三つの山を越えた先にある朝霧の園という公園を、二人は徒歩で目指すことになる。

幼いころは、いっしょに近くの山登りをして遊んだ純と翔だったが、それも今は昔の話。

「中学生にもなって、何で今ごろ?」といぶかる翔を、ほとんど強引に誘う純。

純には、翔を朝霧の園へ連れていかなければならない理由があった・・・。


小学6年生の青山晴香のクラスに、杉村理恵という少女が転校してきた。

友達を作ろうとせず、いつもひとりでいる理恵は、晴香にとって、ちょっと近寄りがたい存在だ。

ある日のこと、晴香の住む街に大きな台風がやってくる。

学校の体育館に家族と避難した晴香だったが、そこで彼女は、自分と同じように軒先から空を見上げている理恵と出会う・・・。

多感な少女と少女の心が触れ合う、嵐の夜の物語。


高校1年生の雅美は、新米のボランティア部員。

学校の近くにある老人福祉施設「あけぼの苑」にボランティアで出かける時は、いつも、損な役回りをさせられてしまう。

「あけぼの苑」には、石川さんという認知症を患った男性老人がいた。

知らない人を見ると、「あんた、山口さん?」と問いかける石川さん。

雅美は、戸惑いながらも、しだいに石川さんの本当の姿に気づいていく。


中学3年生の成美は、家の近くにある墓地の公園で、ひとりの小さな男の子と出会う。

自分で自分のことを「ヒロくん」と呼ぶその男の子は、成美を見かけるたびに、「いっしょに遊んでよ」と声をかけてくる。

いつも、ひとりで公園にいるヒロくんを不思議に思う成美。

彼の笑顔には、4年前に死んでしまった成美の弟の面影が漂っていた・・・。


中学生の夕子には、依子という名の友達がいる。

無口で、ほとんど感情を表に出さない依子は、クラスの中でも異色の存在だ。

ある日、クラスで、依子が高校へ進学しないらしいといううわさが広がる。

うわさは、本当だろうか?

2人を引き寄せるようにふりはじめた夕立。

ゆれる夕子の心の中で、何かが変わっていく。