童話


小学4年生の真人くんは、ツバメが大好き。

でも、どういうわけか、ツバメたちは真人くんの家に巣を作ってくれません。

なかよしの由紀子ちゃんや順也くんの家からは、毎年、新しいヒナが巣立っていくというのに。

そこで、真人くんは、テレビで教えてもらった風変わりな行動に出ました。

夢の中にだけ出てくるツバメたちと真人くんとの、ちょっと奇妙なお話です。


かなえさんのパン屋さんは、村でいちばんおいしいと評判です。

お父さんやお母さんと、いそがしいながらも楽しい毎日を過ごしていたかなえさん。

でも、大好きだったお父さんもお母さんも、今ではもういません。

そんな、ある夜、閉めたお店のとびらをたたく音がして・・・。

かなえさんの不思議なパン屋さんは、今日も大盛況営業中です。


早苗のおばあちゃんは、天気を当てる天才です。

いつだって、おばあちゃんが雨って言ったら、かならず雨がふってきます。

でも、今日は、朝からとてもいい天気。

おばあちゃんは、かさを持っていきなさいって早苗に言うけれど・・・。

早苗とおばあちゃんの雨ふり日記。

あ~した、天気になあれ。


ある日、公園でバケツをひろったユウくん。

そこに穴のあるへんてこなバケツでしたが、実は、このバケツには大きな秘密がかくされていました。

バケツを探しにきたおねえさんとユウくんの、ちょっと不思議な物語がはじまります。

親子で読みあう雑誌「とうげの旗」掲載作品。


マサルくんは、サッカーの得意な少年です。

ジュニアチームでも活躍しているマサルくんは、中学に入ったら、本格的にサッカーの道を目指そうと考えていました。

でも、マサルくんにサッカーを教えてくれたお父さんは、地元のJリーグチームの「ペコペコ活動」にばかり夢中で・・・。

親子で読みあう雑誌「とうげの旗」掲載作品。


トトくんは、ひまわり薬局の店先にある新幹線ののりものです。

むかしは、デパートのゆうえんちではたらいたこともあるトトくんでしたが、今では、もう古くなってしまって、だれものってはくれません。

とうとう、処分されることになってしまったトトくん。

でも、そんなトトくんのまえに、ひとりの男の子がやってきて・・・。

親子で読みあう雑誌「とうげの旗」掲載作品。


3さいのカナちゃんとおねえちゃんの「わたし」

おつとめにでているおかあさんのかわりに、「わたし」は、学校からかえってくると、カナちゃんに絵本をよんであげます。

けれども、ある日のこと、いつものように絵本をよんでいる「わたし」に、カナちゃんはふしぎなことをいいます。

親子で読みあう雑誌「とうげの旗」掲載作品。